最強の男と最強のダートマシン

a0156508_213151.jpg

1986年FTR250発売、モーターショーに登場したときはシルバーの車体に赤いタンクでした。
一般の公道仕様ですがフレームは本物のダートトラック専用設計です。
私は発売間もないRTFを試乗、峠を走ったら「面白いだろうな」(トライアルマシンTL125に似たフイーリング)
その後ダートトラックを始めるまでFTRに乗る機会はなかった。

ダートトラック最強の男と最強のダートマシンFTR250登場

2001~2003年の全日本ダートトラック選手権のチャンピオン、キング衛藤とFTR250のコラボです。
当時YZF250も出場していましたがチャンピオンいわく「他のマシンが止まっているようだ」

モテギの400mコントロールタワーを越えた辺りからグーと車速が乗ってくる、
またコーナーでのアクセルの開けが凄く速く見える(私の主観)。

全日本出場時のエンジンの仕様を軽く説明しよう。

カムシャフト  ホワイトブロス
ピストン     XR250(ME08)
マフラー    トリックスター
キャブレター  TMR34
その他重要なのが、クランクウエイト、ヘッドポーティングかな。
カムシャフト三種類、ピストンは12:1も試したが11:1ぐらいがちょうど良い。

後輪出力でノーマル車と比較、6~7PSアップでした。
[PR]
by marty45 | 2010-02-24 22:41 | ダートトラック | Comments(0)


<< あ~眠い 最近どんなバイクが流行っているの >>