ビンテイジ中古バイクの購入ポイント

a0156508_1455189.jpg
a0156508_1465121.jpg

30年以上前の一般的に旧車と呼ばれている物(有識者の間では1945、1964、1972年まで)
などと色々と区分けされていますが、1970~1980年以降の車両について購入ポイントを
簡単に説明しましょう。

車体関係
タンクとフォークカバーの隙間の少ない物は、ステムストッパー部を見て曲がり、溶接跡
の有る物は事故車の可能性あり。
サイドスタンド、メインスタンド、スイングアームのガタもきちんと整備するのには
金額がかかります。

エンジン関係
エンジンの音ではほとんど良い悪いは判断できません。
まずマフラー後部のススの状態、黒いススが大量に付いている物はキャブOHが必要
ススが粘っている物はリング、バルブなどの不良です。

旧車は100万、200万円と高価ですが、綺麗な物でも壊れないと思うのは大間違い。
50万円で購入したらあと50万円かかると思えば間違いないです。

画像はBMW、R100RSのメインスタンドとモトグツチルマンのシリンダー。
[PR]
by marty45 | 2011-10-27 15:05 | メンテナンス | Comments(0)


<< もてぎダートトラック 8 猫とネズミ >>