<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久々のダートラマシン

a0156508_97174.jpg

いただきまーす
コバイデさんごちそうさまRM-Z450気合を入れてチューニングしておきますよ!!
[PR]
by marty45 | 2011-01-31 09:16 | ダートトラック | Comments(0)

峠の釜めし

a0156508_1551658.jpg
a0156508_15514397.jpg
a0156508_15545147.jpg
a0156508_15554428.jpg
a0156508_1556184.jpg
浅間山は真っ白、でも軽井沢まで行っても、ほとんど雪がないよ!
横川で釜めし買って帰ってきた。


きょうは仕事で安中市まで用事があったので、ついでに雪道を走って来ようと
碓氷峠まで行ったが雪が無い・・・えーー。

もう少し行って見るか、軽井沢まで行っても雪が無い。
東北や日本海側では凄い大雪なのに、でも雪が無い方がいいよね。

花よりだんご・・・が、雪より釜めしに・・・。
[PR]
by marty45 | 2011-01-28 16:22 | Comments(0)

あーー、やっておけば良かった

a0156508_1617493.jpga0156508_16181444.jpga0156508_16183639.jpga0156508_16262510.jpg
















個人でレストアした物(CL72)が修理に入って来たので、足回りの説明をします。
ハンドルのきれ角、ストッパーの修正。せっかく塗装したのに・・・また塗装。

フロントフォークのオイル漏れ、インナーチューブとオイルシールは交換してあるのですが
シールのハウジング(ホルダー)側の変形で、オイル漏れ。
ハウジングボデーを軽く叩いてあとは旋盤にくわえて真円を出す、削りすぎに注意。

ブレーキドラムは研磨、サビがひど過ぎる場合はドラムの鉄部分を全て削り取り、
他の車両の物を加工してはめ込む(軽四輪)などが安くて加工しやすい。

スイングアームのピボツト部はカラーやシャフトを全て交換、四個あるカラー
は必ずプレスで圧入、叩くと欠けてしまいます。
[PR]
by marty45 | 2011-01-21 17:09 | CL72レストア日記 | Comments(0)

自転車レース

a0156508_9593760.jpga0156508_1001024.jpg








   赤城山で自転車のヒルクライム9月開催
埼玉のMさん沼田のNさん山頂めざして自転車レースどうですか?
国内最大規模を目指す大会らしいですよ。

俺は・・・脚力無いので無理。バイクでならOK。
[PR]
by marty45 | 2011-01-09 10:14 | Comments(0)

スイングアーム加工

a0156508_15195627.jpga0156508_15205116.jpga0156508_1521598.jpg








CL400用スイングアームのフレーム側を切断
そこにCL72に合う様にピボツト部を製作
溶接は治具を作って固定し、前後の平行を出す。
溶接後の多少の狂いはプレスで治す・・・?
今までこんな感じでフレームなど修正しましたが
サーキット走行でも振れ無し。
ピボット部にはニードルベアリングを入れる。
[PR]
by marty45 | 2011-01-08 15:47 | CL72レストア日記 | Comments(0)

あけおめ

a0156508_156249.jpg

ダートのみなさん「あけおめーーーーー」元気だよー。
[PR]
by marty45 | 2011-01-08 15:11 | ダートトラック | Comments(0)

ステアリングステム交換

a0156508_17121839.jpg

私のCL72はフレーム、エンジン本体以外フルカスタム。
フロント周りはFTR250、ステムシャフトを交換するのですが、
シャフトは圧入です、5tのプレスでは抜けず15tプレスでゆっくり圧をかけ
バーナーであぶりながら抜く。
無理をすると欠けることが有るので注意。

取り付けは、製作したシャフトを圧入またアルミのプラケットをあぶりながら。
フレーム側はストッパーを加工、
これでフロント周りはOK。
[PR]
by marty45 | 2011-01-05 17:32 | CL72レストア日記 | Comments(0)

あけおめ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

a0156508_9551656.jpg

12月の暮れに私のブログを見た方から一枚の写真が送られてきました。
この車両は、お客さんの為に作った最初の記念すべきマシーン。

1987年クラッシックバイクの大イベントタイムトンネルTT
レース結果は3位 ライダーのNさんはツクバのライセンスを持っている
人が県内で数人と言う時からサーキットを走っているベテラン。

はじめて自分の作ったマシーンがサーキットを走る!
大興奮 金網越しに見ている私、手に汗握るというか!
金網に指が食い込んでいる「 わー 」。

この車両今は名古屋の方に嫁いだらしい、今度のオーナーもサーキットを走る。
バイクは走る骨董品、いつまでも元気に走ってもらいたい。
そのために私はいくらかでも手伝いが出来るように仕事をしています。

このマシーンを見ると25年前の商売を始めた頃の初心に帰れる
懐かしいーーーーーーー。
[PR]
by marty45 | 2011-01-02 11:07 | レストア | Comments(2)