ジムニー焼き付その後・・

a0156508_20080601.jpg
15年前のジムニー、タービン交換後快調に動いています。
相変わらずタービンのヒューヒュー音はしていますが、JB23Wの3型までは
この音は普通らしい!!
先日、草津温泉に行ってきました、高回転域での走行でも良い走りです。
数十年前、四つ目のハイエース(ヂーゼル2400cc)はここでオーバーヒートの
苦い思い出があります。emoticon-0106-crying.gif
走行キロ70000kmオーバーですがまだまだ・・・・・・・・・。

[PR]
# by marty45 | 2016-11-04 20:47 | メンテナンス | Comments(0)

CB92とCB125

a0156508_21124838.jpga0156508_21114850.jpg









左がCB92右がCB125JXのクランクケースを分解したものです。
二気筒と単気筒外観からも大きさがすごく違います。重量も二気筒のほうが重い、
でもパワーは同じ15馬力!!
CB92は平地ではスピードが出ますが山の上りではミッションの関係もあり、
泣きたくなるほど遅い、CB125JX(単気筒)はトルクが有り楽に走る。

クルマもバイクも目的と走る場所により選ぶと楽しいですね。
[PR]
# by marty45 | 2016-04-08 21:41 | レストア | Comments(0)

ショツクアブソーバー交換 ジムニー

a0156508_21454616.jpg

a0156508_21465954.jpg
ジムニーはハンドルの遊びは多いしサスはフワフワ、最初に試乗したときはかなり不安でした。
サスをKYBに交換、バイクには安くて耐久性が有るのでよく使用しますが、今回の物は
あまり変化が有りません。サスの動きはじめ10~20ミリぐらいのフワフワ感が無くなった
程度ですね。
純正のサスはフロントがKYB、リヤーがTOKICO前後の製造メーカーが違うのって面白いですね。
交換はジャツキアップもタイヤ脱着も必要有りません。
色はブルーに塗装!!
[PR]
# by marty45 | 2016-04-05 22:07 | メンテナンス | Comments(0)

オイルは血液のようなもの

a0156508_2027525.jpg

ジムニーのタービン焼き付きで、カッコ良く言うとメカニックの探究心に火が付いた?
数日前に交換した(150km走行)エンジンオイルを抜いてみました。
オイルの汚れも無く鉄粉もほとんど有りません。
オイルフイルターも分解、カートリッジ式なので切断し中身を点検キレイです。

オイルもフイルターも余分な出費になりましたが、オイルが駄目だと焼付く当り前
の事ですが確認できました。

四輪車のオイル、フイルター交換は一般的な走行で10000kmは大丈夫、軽自動車は5000k
オートバイは3000km、でもハードな乗りかたや空冷エンジンはこの半分の走行で交換が良い
でしょう。
[PR]
# by marty45 | 2016-03-11 21:04 | メンテナンス | Comments(0)

タービン焼き付き ジムニー

a0156508_2031987.jpg

前のオーナーは「メンテナンスを良くしていました」
このようにクルマ屋さんは盛んにアピールをしていましたが。

画像の物、私が確認し交換したものです。
エアーフイルターは真っ黒、エンジンオイルは交換済みとの事ですが、
納車後すぐに確認しましたがオイルが汚れていました。
1000kmも乗ったら交換しようと思っていましたが数十キロでタービン焼き付き!!

        ガーン!!

タービンを保証で交換していただいた後自分でエンジンオイルを確認、汚れている
いやな予感、オイルを抜いたら鉄粉が凄い、フイルターは中を開けたらスラッジでいっぱい!!
焼き付きや摩耗した場合、オイル交換は常識ですよ。

              ガーン!!


知らないでこのまま乗っていたら多分また焼き付きでしょう。

怖い!!

[PR]
# by marty45 | 2016-03-09 21:13 | メンテナンス | Comments(0)