W1S メインスタンド修理

a0156508_2037837.jpga0156508_20365497.jpg








メインスタンドのヘタリがカワサキW1系は多い、でもそれは当然です。
現役で乗っている数が多いのと溶接などの加工をしないと修理できないからです。
スタンドのシャフトを作り、フレーム側のガタを3~4ミリのカラーを作り溶接、
手間がかかりますね、CB750Kなどはスタンドの受けの部分(フレーム本体)が
曲がってしまいます。・・・・・・怖いですね。
[PR]
by marty45 | 2014-10-23 20:55 | メンテナンス | Comments(0)


<< W1SA 楽ちんなチェンジに加工 首が痛い・・・CR93タイプ >>